専門学校:デザイン ファッション ブライダル ウエディングを専門とする東京文化デザイン専門学校
東京文化デザイン専門学校 ブライダル科 HOME理事長メッセージアクセスQ&Aお問い合せ

資料請求
体験入学


カリキュラム

本校の特徴

カリキュラム

講義内容

学費

資格取得一覧

施設紹介

施設紹介

体験入学レポート

体験入学に潜入!

日程(スケジュール)

体験入学参加者の声

イベント

レポート

就職

各職種を詳しく説明

就職までの流れ・スケジュール

就職先一覧

募集要項

募集学科・定員

入学資格

入学方法・出願期間

選考方法

留学生のためのページ

留学生のためのページ

聞いてみました

在校生インタビュー

在校生インタビュー

卒業生インタビュー

OBリポート

学生寮

学生寮紹介

東京文化情報

在校生出身校一覧

その他イベント

 

制作物発表会
1年生による作品物の発表会。自らモデルとしてステージにたつこと、演出などを考えていくことなどの経験が、後の模擬挙式などの大きなイベントを行うときに役立っていきます。

 

ドレス発表会
授業で制作された、ドレスをステージで発表しました。
各々の個性豊かなドレスが、次々と小躍り登場します。
表現力を養うことはもちろん、同級生の制作した作品を見ることも大切です

 

特別講義  大手ブライダルサロンによる、ウェディング講義
業界大手のHatsuko endo weddings様からご協力を頂き、
着付け・スタイリングのなどの講義を頂きました。
在校生がモデルとなり、華やかな花嫁がステージに生まれる中、
実務に必要な知識や技術、最新トレンド、プロのテクニック、センスなども間近に体験。
和装・洋装と、全てが大変ためになる講義となり、在校生は熱心に耳を傾けていました。

 

 

特別講義 ボランティア体験
江戸川区ボランティアセンターのご協力を頂き、ボランティアの意義を知る講義、
様々なシチュエーションに沿った疑似体験などを行いました、
身体にハンデがあっても、嬉しいこと、楽しいことを感じることにハンデはありません。
普段の授業では学び得ることのできない社会経験、接客の心を深くを学ぶ、
貴重な機会を得ることができました。

←当日の模様は、後日新聞にて掲載されました。         車椅子やガイドヘルプの体験の際は、校内に様々なバリアが設置され、日常に潜む、様々な障害物などを、改めて確認する機会となりました。 ボランティアの全てを知るには、決して十分な時間ではないかもしれません、しかし、お身体の不自由なお客様へ、スタイリングを行う上での尚一層の心配りや、ブライダルに対する、普遍的な喜びを知ったことは、後の授業に対する取り組みを、さらに深いものにすることでしょう。

 

特別講義 フラワーアレンジ
ブライダルに欠かせないフラワーアイテム。
特別講師が来校し、各人がオリジナルなフラワーアレンジをおこないました。
会場を彩る装飾に、ブーケにと、授業で得た知識は大変役立つことでしょう。

 

特別講義 ブライダルフォトグラファーが来校
現在では写真の世界でもブライダルというジャンルが認知されています。
取り直しがきかない瞬間的な判断力と、お客様とのコミュニケーション能力を要求されます。
多数の式場・カップルを撮影・経験したプロの講義は大変興味深い内容でした。
ドレス姿の在校生がステージに。当日の細かいスケジュールの中で、テンポ良く撮影を行うには、婚礼写真のルールやポーズ、撮影時のポイントを熟知する必要があります。
手際よくモデルをエスコートしながらの講義から得たものは、日頃のスタイリング等の実習を、より一層と実践的なものとすることでしょう。
他、日常の写真が俄然輝く、ワンポイントテクニックもなども講義されました。

※ブライダルフォトグラファー KUMIKO TADA

被写体の魅力を引き出す人柄・メモリアルを瞬間的に捕らえる技術にて撮影された作品に、
魅了されたカップルは多数。本校の模擬挙式・卒業制作でも撮影を行う。

 

校外研修 TDL
学校の近くの東京ディズニーランドへ遠足に行きました。
近年ではテーマパークウェディングも盛んです。
クラスメイトとの親交を深める楽しみの中にも、社会人として大切な、集団行動のマナーを養い、一流のサービスを学ぶ機会にもなります。
学校生活の大切な思い出が、また一つ刻まれました。

 

防犯講習会
一人一人が防犯に関する正しい知識と、より日常的な「意識」の向上の為に、
小岩警察署から担当をお招きし、講習会を行ないました。初めて一人暮らしを経験する学生をはじめ、
専門学校生として、新しい学校生活をする上での心がけを学びました。
毎日の生活の中に潜む、危ないこと…何気ないことにも、こんなケースが!意識の高まりを促します。
防犯の原則は日ごろの意識が大切。映像や講義で、学生たちに伝えて頂きました。
警察の方が「もしもの時の護身術」をレクチャーします。学生の見る目も真剣です。
あなたはどうする!?ここで、学生を舞台にあげさせて、より具体的な講義を行います。
同級生の奮闘する姿に時に、笑いもおこりながらも真剣に話を聞き入る姿が見られました。
日頃の意識の大切さを改めて感じることができる、大変有意義な講義だったとの声が多かったです。