専門学校:デザイン ファッション ブライダル ウエディングを専門とする東京文化デザイン専門学校
東京文化デザイン専門学校 ブライダル科 HOME理事長メッセージアクセスQ&Aお問い合せ

資料請求
体験入学


コース・カリキュラム

本校の特徴

コースガイド

講義内容

学費

資格取得一覧

施設紹介

施設紹介

体験入学レポート

体験入学に潜入!

日程(スケジュール)

体験入学参加者の声

イベント

レポート

就職

各職種を詳しく説明

就職までの流れ・スケジュール

就職先一覧

募集要項

募集学科・定員

入学資格

入学方法・出願期間

選考方法

留学生のためのページ

留学生のためのページ

聞いてみました

在校生インタビュー

在校生インタビュー

卒業生インタビュー

OBリポート

学生寮

学生寮紹介

東京文化情報

在校生出身校一覧






在校生紹介

           

No1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブライダル科1年生に
本校についてインタビューしました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
在校生紹介
本校を選んだわけ
  ブライダルに関していろいろな学校をさがしていて、体験入学などいくつか
 さんかしてみて、東京文化はブライダルに関しての歴史が深く、また、クラス
 が少人数制で、先生と生徒の距離が近く感じたから。

・学校生活について
  クラスも楽しいし、授業では実践に即していて、解からない所は先生との
 距離が近いので、気軽に質問できて、すぐ解決できるので、満足しています。
 毎日の授業の中で学ぶことがたくさんあって、日に日に成長できている感じ
 が自分でも分かるくらい、とても充実しています。

・学校について
  特別講義や校外学習の見学などがあって、学習の幅も広がるし、業界で
 おこっていることが解かるので視野が広がります。また、自分の目でショー
 や展示会が見れるので楽しみながら学べます。

・将来なりたい職業
  衣裳室でドレス、着物等の販売やレンタルの接客。
 
ブライダル業界で働くには、常に新しい情報を得て、新しいものをお客様に提供していくための努力や、接客の面でも中途半端でなく、責任と信頼が大切なんだなと思っています。
 

No2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブライダル科1年生に
本校についてインタビューしました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
在校生紹介
・本校を選んだわけ
  ブライダル科としてブライダル専門の勉強ができるので選びました。私の出身地のブライダ
  ル科の学校は、旅行やビジネスなどブライダルを「その中の1つ」としての勉強方法でした。
  でも、東京文化はブライダル科として、実際に現場で働いていた先生方の授業なので、一番
  近くでブライダルを勉強できると思ったからです。

・学校生活について
  机に座って学ぶばかりではなく校外に出て実際にブライダルの現場に触れられたり、スタイ
  リングやヘアメイクなど実践的な授業内容で、とても充実しています。課題がなかなかうまく
  いかない時も、ブライダル科の同じ夢に向かって頑張る友達に支えられながらこなしてきま
  した。とても楽しいです。

・学校について
  東京文化はブライダルについて自分の希望する職業以外の事についても勉強します。プラ
  ンナーを希望している人もデザイン画、造形、スタイリングなどすべて学びます。得意、不得
  意はたしかにありますが、身につけておけばムダな事は1つもありません。いろいろな角度で
  ブライダルについて知ることができて、とても満足しています。

・将来なりたい職業

  私はプランナーを目指しています。お客様と1対1で話し合いながら、お客様の希望を形に
  していきたいと思います。不可能だと思っていたことを可能にできた時の喜びは大きいと思
  います。オリジナリティが溢れている現代で、結婚式に夢のようなアイデアを持っているお客
  様の要望に応えられ、満足していただけるような仕事をしていきたい と思っています。
 すごく華やかなイメージを持っていたし、人の幸せに触れられる夢のような仕事だと思っていました。でも、勉強していくにつれ、この幸せの空間を創りだすには色々な人との協力と知識、アイデアなど多くのものが必要だという事が分かりました。一生に一度の日に失敗は許されないという緊張感溢れている現場です。
  しかし、その分、やりがいや、人に感謝されたり、喜びを体で感じられることができます。これは、他の何よりもかえることができないものだと思います。