専門学校:デザイン ファッション ブライダル ウエディングを専門とする東京文化デザイン専門学校
東京文化デザイン専門学校 ブライダル科 HOME理事長メッセージアクセスQ&Aお問い合せ

資料請求
体験入学


コース・カリキュラム

本校の特徴

コースガイド

講義内容

学費

資格取得一覧

施設紹介

施設紹介

体験入学レポート

体験入学に潜入!

日程(スケジュール)

体験入学参加者の声

イベント

レポート

就職

各職種を詳しく説明

就職までの流れ・スケジュール

就職先一覧

募集要項

募集学科・定員

入学資格

入学方法・出願期間

選考方法

留学生のためのページ

留学生のためのページ

聞いてみました

在校生インタビュー

在校生インタビュー

卒業生インタビュー

OBリポート

学生寮

学生寮紹介

東京文化情報

在校生出身校一覧






卒業生紹介

No1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本校、卒業生のメッセージ ブライダルスタイリスト編
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
卒業生
入社したきっかけ
 1年生の冬から担任教師
 の紹介で現在のショップでアルバイトとして働き始め、
 そのまま卒業後に正式採用へ。

・仕事内容について
 ウエディングドレスのコーディネートと担当

・本校入学のきっかけ
 海外のファッション雑誌を見るのが大好きで、ウェディングドレスにとても興味が。好きなことを本気でやろうと考えた時、ブライダル以外は考えられなかった。

・本学校で学んだこと
 ブライダルの基礎知識から、縫製の技術、カラーコー
 ディネートに至るまで、学ぶことができて、中でも縫製
 やパターンの知識は現在の職場で、とても役立ってい
 ます。

・本学校での思い出
 生活費のためにアルバイトをしながら学校に通ってい
 ました。学内の行事では学園祭では実行委員として
 頑張りました。また、 学生がすべて担当して行われる
 模擬挙式などさまざまなイベントがあり、充実していま
 した。

・自分の未来像

 ドレスのみでなくブライダル以外のファッションも詳しく
 なりたい。今はジュエリーに関しても勉強中です。
 
・ブライダル業界へ働きたい人へ
ブライダルに関わる仕事というと、式そのものを企画するウエディングプランナー、ドレスのデザイナー、ドレスを中心に扱うブライダルショップの定員、式場のスタッフ、ブライダル専門のヘアメイクと実に様々。
それぞれに専門的な知識が求められるので、中途採用が多いのが現状です。ブライダル関連の専門学校であれば就職先の紹介もおこなっていますから、近道といえるかもしれません。
進みたい道をよく考えて、慎重に選んで下さいね。
 

No2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本校、卒業生のメッセージ プランナー編
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
卒業生
本校入学のきっかけ
 高校生のとき、ブライダルの仕事を知って、お客様の喜びも、自分のものとして共有できるコーディネーターを目指したいと思いました。 業界への実績が豊富な東京文化ブライダル専門学校に決めました。

現在の仕事内容
 来店されるお客様への数々のプランニング、打ち合わせなどから式場・会場案内などまで多岐にわたります、お電話でのご相談も数多く頂きます。信頼を頂くことが大切ですので、印象、言葉使いなどはとても気をつかうところもあります。

学生時代に活かされていること
 基礎的なドレスの制作やブライダルプロデュースの授業で学んだことが、実際の式の流れ
 と全く同じだったということを改めて確認しました。

仕事の魅力
 当日は最後の最後まで一瞬たりとも気は抜けませんし、段取りが上手く進んでいるか、あらゆるところに目を配れるようにしています。だけどお客さんの沢山の笑顔や、カップルの方々から「貴方にやって頂いてよかった」と感謝のお言葉を一度頂くと、この仕事は辞められません。

今後について
 プランナーとしてはまだまだ未熟なところもありますので、日々の勉強は欠かせません。先輩方からは学ぶことも沢山あります。様々な経験を積み、より幅広い視野で全体を見渡した上で、トータルなプロデュースができ、お客様からより信頼を頂けるようになりたいです。
・業界を目指す方へ
関連する施設などでのアルバイトは役にたつと思います。学校の勉強もより、リアルに感じますし、就職活動でも説得力のある面接を行うことができたと思います。なかなかブライダルの仕事はイメージがつきづらいこともあると思いますので、身近のご親戚の方で、結婚式を挙げられたばかりの方などに、話を聞くのも良いかもしれませんね。学校の体験入学などにも積極的に参加してみてください。